二重請求

「河井ルール」をご存知でしょうか?インターネットで検索すると相当数挙がってきます。要するに公職選挙法ではウグイス嬢の法定金額は一日1万5千円以下に決められているのに、一万5千円の領収書を2枚もらえれば3万円で雇えるということらしいです。日付欄を空けておけば後で何とでも書き込めるということでしょうか?別の日にもらったことにできるということでしょうか?

なんという都合の良い解釈。頭がどうかしているのじゃないですか。明らかに法律違反ですよ。こんな人間が前法相であったことに驚きです。法相経験者で逮捕されたのは初めてだそうです。

少し状況が違うかもしれませんが、歯科でも都合の良い解釈をされている方がおられるようです。

歯科には自費診療と保険診療の2つがあるのはご存知と思います。「うちでは自費診療の場合、保険診療との差額を頂くようにしているのでよそより安い。」と公言している歯医者がいるそうなんです。これは自費でももらって、保険でも請求しているということです。これは二重請求と言ってもっともやってはいけないルール違反です。請求できるのはどちらか一方だけです。九州厚生局に知られたら保険請求分は全額返金になってしまいます。恐ろしい。

「河井ルール」という言葉をみんなが知っているのとおなじぐらい恐ろしいと思います。

▲このページのトップに戻る