歯周病の治療の概要

基本的には歯垢、歯石を取り、次の歯垢、歯石が付きにくいように歯の表面をできるだけ滑らかにすることです。歯周病が防げるってホント?にも書きましたが、一度歯石になってしまうと自分では取れません。いくら歯磨きしようとも意味がないのです。歯科で取るしか方法はないのです。3〜6ヶ月に一度は来院していただき、歯石を取り 、現状を少しでも長く維持していただきます。普通の方で3ヶ月に一度、非常に歯石の付きにくい方で6ヶ月に一度、歯茎が悪いと自覚のある方は毎月いらしている方もおられます。来院から来院までの間は歯垢、歯石が付かないようご自分でしっかり歯磨きをしてプラーク・コントロールをしていただきます。本来はそちらがメインで、我々歯科医院側はどちらかというとお手伝いする側です。汚れの付いている場所を指摘し、汚れを落とす方法をお互いに考え、場合によっては歯肉や、骨の形を整え、磨きやすい環境を作っていく場合もあります。歯が揺さぶられて歯周病が進行していると考えられる場合には咬み合わせを調整したり、マウスピースを入れていただく場合もあります。

歯周病が進行してしまうと抜歯しか手段がなくなる場合があります。1歯だけが進行している場合、他の歯の骨を溶かしながら進行していく場合があるので、ぎりぎりまで待たずに積極的に抜歯をすることが周囲の歯の骨を保存することにつながる場合があります。 

 

 

▲このページのトップに戻る