穴を埋める所から全部かぶせるまで(神経はさわらないで)

 神経には手をつけないで、穴があいてしまった部分を虫歯を取って単純に詰める場合、現在主流の治療法は光重合型レジンです。歯の色に近い軟らかいレジン(合成樹脂、プラスチック)を歯に詰めて、光を当てて固まらせます。強い光が当たると固まる材質です。以前は2種類のペーストを混ぜて時間がたてば固まる化学重合タイプが主流でしたが、混ぜてから固まるまでの時間が一定で、固まる前に操作を終えなければなりませんでした。光重合タイプは強い光を当てない限り固まりませんので、操作時間を自由にできます。利便性からだんだん主流になってきました。

現在の接着の仕様は酸の働きで歯の表面に微小な穴をいっぱいあけ、そこにレジン(合成樹脂、プラスチック)を流し込み、固まらせます。歯の中に樹脂が浸み込んでいる(歯と合成樹脂が一体化している)状態の部分が一層出来ていることが、電子顕微鏡にて確認されています。

この接着により、強固な接着が可能になり、すきまからの細菌の侵入も防ぎやすくなります。

欠点としては吸水性があること。水を吸い込んでしまうので、食品中の色素も少しづつ取り込んでしまいます。長期の使用で変色が起きやすくなります。陶器(セラミック)はその点変色は起きません。前歯でレジン(合成樹脂、プラスチック)の範囲が大きくなり変色が目立つようになれば表面だけを薄く削り、そこだけセラミック(陶器)に置き換えるということもできますし、神経を残したまま全部削りかぶせることもあります。セラミック(陶器)の使用は保険外診療になります。

セラミック(陶器)の欠点は固すぎること。前歯から小臼歯にかけての使用は全く問題ないと考えていますが、大臼歯には使用を見合わせています。固すぎるがゆえに欠けやすくなる。あと顎関節にも悪影響が出る場合があるようです。

前歯に目立つ金属を使うことはまずありませんが、小臼歯大臼歯で隣接面(隣り合った部分)が虫歯になっていたり、詰める部分が大きい場合、金属を使用する場合があります。理由はやはり強度の問題です。レジン(合成樹脂、プラスチック)の場合詰める部分が大きくなるとどうしても欠けてくる場合があります。小臼歯の場合は先ほどセラミック(陶器)の使用は問題ないと述べました。セラミックに置き換えることはできます。大臼歯の場合使用できるのはせいぜいハイブリッドセラミックスぐらいだと思います。ハイブリッドセラミックスはレジン(合成樹脂、プラスチック)とセラミック(陶器)の中間型のものです。すなわち多少変色はあるが、セラミック(陶器)ほどは固くないものです。これでも絶対大丈夫とは言えません。咬合力の強い男性では咬み割ってしまいそうです。その点で金属が一番安心感があります。金属で全部かぶせるのが一番強いと思います。メタルフリー(金属を使わない)が理想ですが、現実はこんな感じだと思います。

 

▲このページのトップに戻る