イオン菊陽来年2月に閉店てよ

イオン菊陽店が来年2月に閉店と発表がありました。院長が熊本に来たのは平成元年です。その頃は熊本最大の郊外型店舗でずいぶんお客さんを集めていました。当時は寿屋の経営で「日本の社長」という番組で寿崎肇社長が取り上げられると一番に紹介される、寿屋のフラッグシップ的な役割を何年も続けて来た愛着のある店舗です。途中ジャスコ菊陽に変わり、イオン菊陽に変わりました。

冬場はスケートリンクが併設され、夏場は室内プールに変わり、子供の小さい時は何回も連れて行きました。そのスケートリンクも今年2月に閉鎖されました。

シネコンを持つゆめタウン光の森やイオンモール熊本やゆめタウンはませんが次々に出て、主役の座はどんどん変わって来た感じです。ゆめタウン光の森は最近リニューアルしてよけいにお客さんを集めているみたいだし、中心街には再開発ビルの開業もあります。コストコも郊外に予定されているようです。

ドン・キホーテの郊外型店舗やHIヒロセが近くにできたのも影響しているようです。

寿屋やニコニコドー、ダイエーも懐かしくなってしまいましたね。

▲このページのトップに戻る