ハンセン病と熊本

ハンセン病、国が控訴断念。全国放送で熊本が取り上げられる話題の一つに熊本地裁の出した国の責任を認め、損害賠償を命じる判決に国が控訴を断念したというものがありました。

何で熊本地裁なのか、院長は疎いので少し勉強してみました。

熊本には熊本城を建設指揮した加藤清正のお墓がある本妙寺というお寺があります。加藤清正はハンセン病の神(一説には加藤清正がハンセン病だったという説もあるそうです)とされ、全国からハンセン病の患者さんが集まってきていたそうで、ハンセン病の患者さんが多いそうです。全国に13か所の国立療養所と1か所の私立療養所があるそうですが、熊本にある菊池恵楓園は2200床で全国で一番大きい規模にまで拡大されていたそうです。現在は治療法も確立されて600床弱だそうです。患者さんもその家族も多いので、熊本地裁だったのではないかと思っています。

▲このページのトップに戻る