ヤクルト村上君6号ホームラン

院長が熊本に来て驚いたことの一つが村上姓の多いこと。一番近い歯医者が村上さんで、一番近いガソリンスタンドも村上さんでした。どちらも廃業されましたが。院長の故郷の愛媛県今治市は村上水軍の本拠地に近いので村上姓は多かったです。クラスに4〜5名はいたと思います。でも何で熊本にこんなに村上姓が多いのか?一説には参勤交代の時に大分の鶴崎から大阪まで船で行っていたので、瀬戸内海の事情に詳しい村上水軍の人たちが連れて来られているのだとかという話もありましたが、本当のところはわかりません。

ヤクルトの村上君が4月の時点で6号ホームランです。このままのペースでいけば30本を越えてきます。同じ学年には「東の清宮、西の安田」と呼ばれた選手がいましたがよっぽど活躍しています。ヤクルトの村上君は熊本の九州学院高校の出身で、甲子園で大活躍した覚えもないのにヤクルトに1位指名された時は驚きました。

院長の同世代に高知高校の杉村選手という四国では超有名な選手がいました。当時は「西の杉村、東の原」と言われたものです。とにかく打球が早かったそうです。当時はどんなすごい選手になるのだろうとうわさされていましたがプロでは大成しなかったようです。

ヤクルトの山田選手が活躍し始めたころ、杉村コーチの名前が挙げられていました。同じ人です。他にもホークスの内川選手やヤクルトの青木選手らもコーチしたらしいです。杉村コーチが村上君をコーチしてくれているのかなと勝手に想像しています。プロ2年目で1年目は1本だけです。初打席初本塁打で話題になりました。2年目は開幕からスタメンで4月末で6本です。毎日成績をチェックするのが楽しみです。応援しています。

▲このページのトップに戻る