中高一貫校

選抜高校野球は愛知の東邦高校の優勝に終わりました。30年ぶり5度目の優勝らしいです。平成の最初と最後の優勝校になったそうです。熊本と愛媛の代表校が1回戦で負けたので大分の代表校を応援してました。大分は大分高校と明豊高校です。どちらも1回は勝ちました。特に明豊はベスト4まで勝ち進みました。大分は昔津久見が甲子園で優勝したと思いましたが、高校野球はそんなに強い方ではなかったと思います。それなのに2校も選ばれてそれなりの結果を残しています。この2校は中高一貫校らしいです。6年かけてじっくり育てるようです。大分の強化が成功しているようです。九州の勢力図が変わってくるのかな。この傾向は全国的なようでこの選抜でも中高一貫校は北海道の札幌大谷、石川の星稜、宮崎の日章学園などが出場していたそうです。

受験の中高一貫校はよく聞きますけど野球でも流行りになってくるのかな。院長の母校の今治西高校どうしたのかここ数年東大合格者が出ていません。院長の頃は毎年10人ぐらいは合格していたのに。野球でも甲子園に出られなくなっていますが、4月4日春季愛媛県大会で優勝とのことです。夏に期待かな。

▲このページのトップに戻る