「私は今までウソをついたことがないんです。」

 院長は今までに「この人はサイコパスだな」と思った人が数人います。(この言葉を知ったのが3年前なので、今思い返せばと言うのも含めて)みなさん口がうまかった。その中でも院長が特に覚えている一言が表題です。

 もう正体はばれているのにもかかわらず、ウソをつきまくっているにもかかわらず、「私は今までウソをついたことがないんです。」と平然となんの躊躇もなく言い放ったのでした。恥の合理化が完全にできているのでしょう。人間としては完全に壊れていると感じました。

 STAP問題の時に、捜査聴取のプロを自認する人が登場して、「彼女はウソをついていない。」とおっしゃったそうですが、プロをもだますウソを平然とつけるタイプの人間が存在するということを知っておくべきだし、知っておかなければならないと思います。

▲このページのトップに戻る