”福祉大国”スウェーデンは「理想郷」ではありません

 ”福祉大国”スウェーデンは「理想郷」ではありません

週刊朝日2010.8.20.P29

 「スウェーデンは理想郷ではない」と題する投書が7月21日付の朝日新聞「声」欄に載った。投稿したのは現地在住の日本人で、小学校教員のフス恵美子さん(39)。理想の福祉国家と紹介されるスウェーデンの現実の一端を、改めて聞いた。

  日本で出版されるスウェーデン関連の本は、必ず福祉国家と持ち上げています。増税論議のたびに引き合いに出されるのは、「高負担だが高福祉」の理想郷としてのスウェーデン。私も日本の大学で障害者福祉を専攻し、そう信じてきた一人でしたが、この国の男性と結婚し、13年間も住んでいると、「理想」とかけ離れた現実に驚かされることが少なくありません。

  収入の最低3分の1は、税金にとられるうえ、消費税率は最高25%なのに医療費は安くない。歯科検診の費用は1万円をくだりません。

  教師の位置づけは高くないようです。以前勤めていた小学校では、教員免許を持つ先生が1人しかいませんでした。スウェーデン語がまだ流暢とは言えなかった私も、1,2ヵ月ほど、移民の子が多く学ぶ小学校で、スウェーデン語で国語の授業を教えるよう命じられ、とまどいました。

  完全個人主義のこの国では、夫婦といえども自分の収入は自身で稼ぐ。そのため、親は共働き。母親は手料理をつくる暇もありません。週末のスーパーでは、1週間分の冷凍食品をカートに山ほど積む光景が見られます。「うちのお母さんは包丁の使い方をしらない」と話す子もいました。

  小学校5年生になる娘は、4歳のときに自閉症と診断されました。「自閉症専門の教室を持つ保育園がある」と市から紹介され、訪ねてみると、先生から「自閉症とは何ですか?」と逆に聞かれ、驚きました。目に見えにくい発達障害へのケアは、それほど進んでいないと感じました。

  確かにバリアフリーや聴覚、視覚障害者へのケアは進んでいます。だが、それ以外の障害者や老人は、切り捨てられているように思います。スウェーデンを過剰に理想視するのは、現実に即しているとは思えません。

▲このページのトップに戻る