どんな講演会か?

  平成20年5月17日(土)PM3:30〜5:30に院長が所属する「九州御茶の水会」で2時間の持ち時間を与えられ、発表することができました。その時の原稿が残っています。当日はプロジェクターでパワーポイントを使ったプレゼンテーションでしたが、原稿だけでも概要は理解していただけると思います。院長が医療制度改革に対してどういう考えでいるのか理解していただきたく掲載いたします。話せば2時間の内容ですが、読めば1時間ぐらいで読めるのではないでしょうか。

*九州お茶の水会・・・九州地区に開業している東京医科歯科大学歯学部卒業生を中心とした勉強会。毎回30人弱集まります。全国的にも東京医科歯科大学卒業生を中心としたこういう勉強会は珍しいということで、神奈川県や兵庫県からも参加する会員の先生もおられます。昭和47年から続いていますので、40年近い歴史があります。会員のほとんどが歯科開業医ですが、大学に勤務の先生も若干名おられます。 

▲このページのトップに戻る