スパゲティ-・カルボナーラ

  麺好き家族ですが、なかでも次男の大好物がこのスパゲティー・カルボナーラです。卵は生食できるものを選んで、買ってきた当日に作ります。カルボナーラの名前の由来は、黒胡椒がカーボン(炭素、炭)のように見えることから。名前の由来を覚えて、黒胡椒をたっぷり入れます。

カルボラーナ.jpg材料(2人前)

スパゲティー200g

ベーコン(できれば固まり)100g

全卵2個、卵黄2個

白ワイン大さじ2、オリーブオイル大さじ2

粉チーズ大さじ5、黒胡椒適量

1お湯を沸かし始める(2L)。

2ボールに卵、粉チーズ、黒胡椒を入れてよくかき混ぜておく。

3フライパンにオリーブオイルを入れて弱火で、5mm角に切ったベーコンをじっくり炒める。ある程度炒めたら白ワインを入れて強火でアルコール分をとばす。

4お湯が沸いたら塩20gを入れて、麺を茹でる。規定時間より1分早くタイマーをかける。

53に麺の茹で汁50ccを入れいったん火を止める。

6麺が茹で上がる前に5に火をつけ、タイマーがなったらザルに麺を上げ、水気をよく取り、フライパンに入れ、よく汁を吸わせるように混ぜ合わせる。

72のボールの中身をヘラで完全にフライパンに移し、火を止める。よくかき混ぜて出来上がり。

 

▲このページのトップに戻る