つんくがモーニング娘。に必ず送る言葉

 「自己投資しなさい。まず、歯に投資しなさい。自分の歯をできるだけ残しなさい。結局はそれが健康と幸せにつながる。」
この言葉は、あの音楽業界の稀代のヒットメーカー、つんく氏が全国の経営者を対象にしたセミナーの中で発した言葉だそうです。人気バンド“シャ乱Q”のボーカリストとして一世を風靡し、オーディション番組で“モーニング娘”をプロデュース。大ヒットを連発していた彼は、何万人というオーディションを通して「歯がどれだけ重要か」を感じ、ソコソコ売れ出し稼ぎ始めた“モーニング娘”のメンバーに必ずこのことを言っていたそうです。

矯正治療のために装置を付けていてもマイナスにはならない(一時的なものだし)。逆に歯並びが悪ければ、いつなんどき顎関節症になるかわからない。(顎関節症については顎関節症の項目をご覧下さい。)口が開かなければ歌えません。お仕事にならないのです。舌癖があると、きちんと発音できない。奥歯に金や銀を被せていたら時代劇番組に使えない。普段自分では見えていないので、自分で思っている以上に歯のイメージって大事だし、歯をちゃんとしてれば、歯をちゃんとしているという自信みたいなものも外面に滲み出してきて、よりイメージアップにつながるのではないでしょうか。見てくれと思いっきり笑うのと、口元を手で隠しながら笑うのと大分イメージ変わりますよね。

 

▲このページのトップに戻る