かぶせものの治療

劇的に変わって印象深く、患者さんの満足度も高かった一症例を挙げます。

患者さんは20代の独身女性、確か病院の受付をされていた方です。上の写真は術前としていますが正確には術中です。上の歯の中央から向かって左側(患者さんにとっては右)の3本は実は仮歯が入っています。本当の術前は上の歯の中央から向かって右側(患者さんにとっては左)3本と同じような感じで歯ぐきとの境の所がまったく合っていない歯が入っていました。治療の必要があって向かって左側(患者さんにとっては右)を仮歯に変えたところ、慌てて来院され、「左側3本(向かって右側)も一刻も早くはずして入れ替えて下さい。これでは人に会えません。最終的にはいいものでいいですから 、とにかく仮歯だけでも急いで下さい。」と言われまして、「あなたは何年もこの歯を入れていたのですよ」とつっこみたくなりましたが、「それならばこの時点での写真を撮っておいて、最終的なものと比べてみましょう」ということで、写真撮影となりました。

 (術前)

審美歯科術前.jpg

(術後)

審美歯科術後.jpg

上の前歯6本をメタルボンドCで修復しました。最終的な仕上がりにも非常に満足され、感謝されました。「少しでも長持ちさせるために歯ブラシの仕方を教えてください。」とおっしゃられていましたので、「何事にもはどほどが肝心です。大事にしたい気持ちはわかりますが、磨きすぎてかえって歯肉が下がってしまうこともありますので、磨きすぎだけには気をつけて下さい。」とお伝えしました。

本人も合っていないのは気付いていたようなのですが、人工的なものではこの程度しか仕方がないと思っていたようです。もし同じような歯が入っていてあきらめている人がいるとするならば、歯肉の状態さえよければ、この程度まで直せます。是非一度ご相談下さい。(自費診療になります。症例によって値段が変わってきます。右上2番は専門用語でブリッジのダミーと言います。歯のない状態で歯肉の上に乗っかっています。1番3番と繋がっていて両側の歯に支えられています。この右上2番も1本にカウントされます。この場合メタルボンドC1本8万円×6本=48万円。これ以外に保険診療分がかかります。)

▲このページのトップに戻る