応援者がPCR陽性

令和2年7月豪雨で人吉市に応援に入った香川県高松市の職員が香川に帰ってからPCR検査を受けたら陽性だったということです。熊本では健康調査などで400名ぐらいに接触していたそうですが希望者にPCR検査を実行したら全員陰性だったそうです。

蒲島知事も「人手が足りないので応援には来てほしい。事前に検査するなど何か方策を考えたい。」と述べられているそうです。

熊本では少し前に福岡の老人ホームに入っていた人が熊本に帰ってきて検査したら陽性だったことがありましたが、それ以外にはしばらく陽性者は出ていません。

それにしても高松市は送り出す時には検査をせず、帰ってきたときには検査するというのは変な気がします。1回で済むということでしょうか?職員は無症状だったそうです。

今回も熊本地震の時と同じようにサッカーの元日本代表の巻誠一郎さんやバスケットボールの熊本ヴォルターズの小林慎太郎選手がボランティアで頑張っているのが取り上げられていました。

▲このページのトップに戻る