相部屋なんてありえない

武漢帰国者に施設がないから相部屋にさせられているというという情報が聞こえてきます。一応帰国者は全員感染の可能性ありと考えるのが、医学的常識です。

1〜2mの距離に30分以上過ごすのが濃厚接触といわれるものらしいです。相部屋がその状況そのものです。絶対やってはいけないことです。

施設がないからの一点張りは頭が固すぎる。作ればいいんです。中国でも施設を作っているという情報が入ってきます。できるまでの間はどこかの運動場を借りてテントを張ればいいんです。これで個室は出来上がります。熊本地震の時もアルピニストの野口健さんがテントをかき集めて送ってくれました。避難所で保てなかったプライバシーも確保できて、ずいぶんたくさんの人が助かりました。

とにかく相部屋だけは直ちにやめてください。これでは人為的に2次感染、3次感染を作り出しているようなものです。

▲このページのトップに戻る